一人一人に人生があります。

菅野光広、思えば靴と共に歩む人生です


【1.スポーツとの出会い(中学生)】 

 

小さい頃からサッカーをしていましたが、そこでスパイクに出会いました。なぜ、スパイクを履くと普段履いている靴に比べると遠くにボールを蹴れるのか、しっかり止まれる事ができるのか、不思議に思い靴に興味を持ちました。自分の能力を増大してくれる感覚を持ちました。

そして中学生の時はクラブ活動をする必要があり、サッカー部がない学校だったのでバスケットボール部に入り、バスケットシューズに出会いました。初めの1年生は皆同じ記憶にも残らないシューズを強制的に買わされました。これは、全く印象もなしでした。

2年生になるぐらいの時にためていた小遣いで、エア・マックス アップテンポを買いました。この時はめちゃくちゃ嬉しかった記憶があります。この時色々なバスケットシューズを見て回り、とてもワクワクした記憶があります。あの時、靴屋さんに行くのは、中学生の自分にとっては楽しい場所でした。店に並んでいるジョーダン・シリーズ、エア・マックス、リーボック、ポンプフューリー、そして革靴では、アイリシュセッターなど欲しいものがいっぱいありました。

 

実際に使ってみて感じる事もありました。それは、なぜバスケットシューズはハイカットなんだろうと思う事や隣でやっていたバレー部のシューズはローカットなのか?同じように跳んだりしているのにどうしてなんだ?そこからは、他のスポーツの靴も気になるようになっていきました。

同じ靴でも、なぜ違うのだろうか?高校生になった時は、社会人チームに入りサッカーをしていたんですが、メーカーが違うとサイズが同じでも履き心地が違う事も解りました。ちなみにその時は、履き心地より、皆が履いていないという理由でクリックス安田を履いていました。

 

その時にも感じ、今も思う事なのですが「人は何かを選ぶ時、色々な理由で物を選ぶんだなぁ」という。確かに、最高の一つだけなら選択肢は一つしかないですね。

【2.神戸の靴職人の元へ通う、そこからの答え(高校生)】 

 

高校1年生位ですが靴が好きで、自分で作り始める事にしました。想像しながら作る靴作りは、とても気持ちを高ぶらせるものでした。

木型を買って、自分で想像しながら靴を作りました。ちなみに靴底は、車のタイヤを切ったものです。カッターやハサミを駆使し切っていくのですが、これがなかなか難しく切れないので苦戦の連続。この切り分ける作業が一番嫌いでした。ちなみにタイヤは湾曲しているので真っすぐではなく、切る前に温めるのですが、曲がるより先に焦げるので、靴の素材としてはオススメしません(笑)気持ちが高ぶって作り始めるのですが、だいたい作っている最中にイライラして、絶望感と何しているんだという感覚に襲われていたような気がします。

 

そんな中、テレビか新聞で褒章をもらった靴職人が神戸にいる事を知り、連絡をして時間が取れる日曜日に通ううにお願いして見学に行くようになりました。当時はインターネットも発展しておらず、今の時代のように情報が沢山集めることができない時代でした。当時の流行りがポケベルからPHSへ移行するかという時です。もし今の時代に高校生なら、それこそYouTubeとか見たりAmazonで靴作りの本を買ったりして靴作りを勉強したと思います。

神戸の職人さんの所に行った時に感じていたのは、「職人ってこんな所で仕事をするのか」「めちゃ嫌やなぁ」とか「来週はどうしようかなぁ」とか、失礼極まりない事ばかり考えていました。反省していますが、当時から22年経った今の自分だとどう思うかと考えてみても、やはり同じ気持ちなので、「私には合わない」と思います。当時の靴工房は、「狭い」「暗い」というイメージでした。

【3.しかし、靴作りを仕事にしたい(高校3年生)】 

 

 思い起こすと、高校生で少しでも靴職人の世界を体験できたのはとても大きい事だと思います。当時、他の工場の人とも話す機会もありました。靴に携わる色々な人の話に共通した言葉は、「この仕事だと食っていけない、止めておけ」という言葉ばかりでした。今考えても話してくれたおっちゃん、おばちゃんの言っている事は、その通りの事を言ってくれていたんだなぁと実感します。当時ですが、あまり専門学校など無かったです。今は学校も増え、専門学校などでは、就職率100%みたいな良い事が書かれていますね(笑)

 

ちなみに私は、今まで靴の専門学校などに行こうという考えはありませんでした。選択肢としては、将来色々試した結果、何も技術がつかず、それでも靴作りをしたいと思った時に最終的に行けばいいと思いました。簡単にできる選択肢は一番最後まで取っておいても逃げないので、まずは挑戦できる事を先にやっていく事が大事だと考えていました。それは、早く失敗してもやり直しができると思っているからでした。

 

話は戻りますが、高校生の時に色々な人にこの業界だと食えない、止めておけと言われすぎて、「なぜ?」と考えるより、私もこのままでは確かに靴業界が潰れるだろうなと思う事もありました。私が当時の靴工房に一番合わないと感じたのは、自分が行く世界じゃあないと思ったからだと思います。私が考えたのは、「この人達と同じ事はしない」、そして「自分で靴作りを仕事にする方法を考える」という事でした。

 

そんな自分の将来を調べている時に出会ったのが、ドイツという国でした。元々ドイツという国には、サッカーを通じて興味がありました。そして調べるうちに徒弟制度が残っているという事や整形医療靴の事、靴の歴史などを知り、ますますドイツに興味を持ちました。しかし、英語もできない、ましてドイツ語なので、今思うとかなり無理っぽい選択でしたが・・・。

その当時、自分の考えの答え合わせをしたかったのですが、自分の考えを問いかけて自分が納得できる答えを持っている人なんて自分の近くにはいませんでした。私の問いは、”私がドイツに行って靴の修行をする事で、将来靴職人として生きていく事ができるのか?”

とりあえず、有名ブランドの社長に自分の思いや考えを聞いてもらいたくて、電話をかけまくりました。大抵の所からは相手にされずでしたが、実際に私の話を聞いてくれた会社もありました。

しかし正直、「上手くいく」といってくれる会社はありませんでしたが、「失敗する」と言われることもありませんでした。分かった事は、結局誰に聞いても分からないという事、誰も将来の事は分からないという事でした。

 

なので、ドイツに行ってやってみようと確信に思いました。

 

”学生の間に分かった事、決めた事”

靴の仕事は無い。既存の靴職人になっても将来がない。だったら、人と違う事をしよう。

 

【4.ドイツでの修行(19~22歳)】 

 

ドイツでの生活の最初の目標は、語学学校に入りビザをもらい、就活をして語学留学のビザから就労ビザへの切り替えでした。色々な靴工房、店舗、工場をまわり、ドイツの南に位置する黒い森・フロイデンシュタットという町にある整形医療靴の靴屋を訪れました。面接の際、「 Ich möchte Schuhe heiraten (私は靴と結婚がしたい) 」と熱く語り内定をもらい、修行が始まります。

 

学校期間は、学校が近くにあるわけではないので朝早くに家を出て、夜遅くに帰宅する生活です。学校には同じような年齢の靴職人見習いが多く集まっています(国籍でいうと、ドイツ人が一番多いですが、トルコ人も多く、ロシア人も当時は多かったです)。日常生活に困らない程度には読み書きができましたが、専門的なドイツ語にはとても苦しみました。試験当日は、落ちたらどうしようと暗い気持ちになっていました。気候と気持ちの浮き沈みが関わっているのか、特にドイツの重たい空の日は気持ちがどんよりしました。日本の山陽の天気とは違いました。

 

ドイツでの修行生活を振り返り、神戸の職人さんの元を訪れていた時と比べると、仕事場の環境についてはとても良かったです。機械も揃っていましたし、作業場も広く、照明も明るい環境でした。規模が同じ位の当時日本にある靴工房と比べるても全然違いました。基本的に建物自体が日本より大きくて広いので、やはりそういうのが使い勝手が良くていいですね。修行先では、社長の娘と他の靴会社の息子が動機として修行をしていました。1年目の修行の基本は雑用や掃除、冬は雪かきでした。先輩や職人さんの仕事を見て学び、時々与えられるチャンスに靴作りの作業をする、そして失敗する、また見て学ぶの繰り返しからでした。同じ同期でしたが他の二人と比べると、チャンスが少なく、何か優遇される事は皆無でした。逆に社長の娘は優遇されていたので、当時は悔しい思いが日々募り、辞めたいと思う時もたくさんありました。「悔しい、悔しい」という気持ちで靴作りの技術など伸ばした所もあったと思います。結果的には、靴の仕事の基礎を学び、靴職人の資格をとる事ができました。

 

次の選択が、このままこの会社で職人として働くかどうかです。私は、日常生活はドイツより日本での生活の方が合っていると思っていたので、資格取得後、日本に帰りました。5年のドイツ生活でした。元々、自分がこの靴会社で力を発揮していく事より、色々吸収していく事を考えていました。私の理想は、日本での日常生活で、ドイツのような仕事環境で生活できればいいなと考えていました。

 

”ドイツでの修行を終えて思った事”

これで、靴職人になれた。靴職人の基礎ができた。

【5.北海道での仕事(22~24歳)】 

 

ドイツでの修行時代の社長から日本の靴会社を数社ほど教えて頂き、面接を受けました。その中から条件や環境が気に入って、札幌の靴会社に就職しました。

ここでは、最終的に割と色々な仕事を任せてもらえる立場になりました。私からの提案で、契約更新での仕事でした。年毎に契約の延長や条件交渉にしてもらえるようにして働きました。

仕事の内容は、整形医療靴、インソールを作る事、修理を行う事です。2年間働きましたが、自分の足りない部分(技術)が、仕事やお客様を通じて見えてきました。今までのドイツで得た基礎だけでなく、その先靴職人として必要な事を考えるようになりました。そして自分が将来やっていきたい事や、作りたかった靴の事など、ここにいて、自分が本当に作りたかったものに近づいているのか疑問に思い始めました。

 

”北海度で仕事をして分かった事”

自分の将来を考えた時に、今の靴作りと目標にしている靴作りとの違いが見えた。

【6.婦人靴・紳士靴メーカー時代(24~27歳)】 

 

自分の足りない部分としては、既製品感というか量産製品の感覚でした。ですからメーカーでビスポーク(オーダー)靴と既製品靴の違いが知りたかったのと企画・プロデュースをやっておきたいと思いました。

メーカーでの仕事は、主に型紙を切ったり、サンプル靴を作る仕事です。展示会用のサンプルを作ったり、デザイナーからの依頼に合わせて、型紙とサンプルを製作。材料の発注や、工場にて指示を行っていました。各メーカーでは多量の靴を作るために朝早くから分業作業で色々な工員さんが各工程で働かれています。これまでに経験したことのない百足、千足単位の靴を扱い、これまでの基礎に技術や知識を重ねていく経験をする事ができました。

 

”メーカーでの仕事で感じた事”

メーカーは、やはり縮小していき、ある程度は淘汰されていくんだろうなと感じました。

しかし、私にはメーカーの仕事も挑戦できる可能性はあるようにも感じました。ただ当時は、私がするタイミングが今ではないなと感じ、まずはビスポークで挑戦してみようと考えました。

【7.靴工房MAMMA(28歳~現在)】 

 

2008年、靴工房MAMMAをたつの市で開きました。

仕事を初めて2年半程は仕事も少なかったように思いますが、なぜかあまり思い出せないです(笑)そんな中、地元のタンナー(革屋)さんに「このままだと田舎の靴職人で終わるよ。こんなコンテストがあるよ」と言われ、紳士靴にて応募。コンテストでグランプリをいただき、その2年後には婦人靴を出品し、再度グランプリを受賞しました。賞での宣伝効果もあり少し知名度が上がり、お客様も増えました。私生活では、結婚し家族も増えました。妻は修行時代から見守ってくれていました。

 

お客様は、靴でお困りの方やこの様なデザインの靴が欲しいといったイメージを持って訪れる靴好きの方、記念の靴を作りたいとお越し下さる方など、様々なお客様がいらっしゃる靴屋になりました。全く同じ靴を作る事は少なく、日々新しい出会いがあります。毎日思案しながら靴作りを続けています。

今、靴工房MAMMAでは、”MITSUHIRO SUGANO”の名前で靴を作っています。靴に自分の名前を入れる喜びも責任を感じます。紳士、婦人、フォーマル、カジュアルなど、履かれる人や使用用途に関係なく様々な靴を製作、メーカーの型紙やサンプル製作も行っています。いつまで靴を作れるのか考える事もありますが、目の前の靴と向き合っている現在です。

 

 ”靴工房MAMMAでの仕事”

お客様の人生の一部となるような、いろいろな靴が作れる機会があるのが楽しいです。


資格

Orthopädieschuh mecher-Handwerk GESELLEN-BRIEF 資格取得

※整形外科靴技術職人(ドイツ国家資格)


受賞歴

2011年 Japan Lether Award2011 プロフェッショナル;紳士靴にて、グランプリ受賞

 

2014年 平成24年度兵庫県青年優秀技能賞

 

2013年 Japan Lether Award2013 プロフェッショナル;婦人靴にて、グランプリ受賞

 

2016年 Internationaler Leistungswettbewerb des Schuhmacherhandwerks世界の靴職人が技術を競う3年に一度の著名な技術大会である国際靴職人技術コンクール(ドイツ);婦人靴にて、金賞及び最高名誉賞受賞

 

2019年 Internationaler Leistungswettbewerb des Schuhmacherhandwerks世界の靴職人が技術を競う3年に一度の著名な技術大会である国際靴職人技術コンクール(ドイツ);紳士靴にて、金賞受賞